皮膚のトラブルに注意

飼い主とペット

肌のチェックをしよう

犬は犬種によってかかりやすい病気があることを知っていますか。一見丈夫そうに見える柴犬にもかかりやすい病気があります。それは、皮膚病なんです。柴犬は短毛でカットなどはあまり必要がない種類の犬ですが、皮膚のトラブルが起きやすいためブラッシングや肌のチェックが欠かせません。柴犬皮膚トラブルで多いのが、アトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎の原因は、カビやダニ、花粉、ハウスダスト、などが挙げられます。時には食べ物が原因となることもあるんです。皮膚に異常が起こるとかゆみが出るため、体をかいたり、顔をこすったりするようになります。病院を受診して、かゆみを抑える薬を出してもらうなど処置が必要です。また、スキンケアをすることで、原因を排除することができます。シャンプーでカビなどの原因菌や汚れを洗い流して体を清潔にすることや、薬浴といったスキンケア療法があります。ただし、シャンプーはやりすぎてしまうと、肌のバリア機能が低下して逆効果となるので注意が必要です。フードによるアレルギーが考えられるときは、病院で検査をして原因を確認し、フードを切り替えます。自宅でできるケアの一つがブラッシングです。季節によって毛が生え変わるときは、抜けた毛を取り除いて、通気性を良くすることで、皮膚のトラブルを予防することができます。ブラシを強く当てずに短時間で行うのがポイントです。このように、柴犬は皮膚トラブルが多いので、体をかゆがる他に、脱毛などがあれば肌をチェックする必要があります。